<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

47都道府県献血の旅@和歌山・和歌山市(20都県目)

  今回は関西空港の帰りに和歌山に寄っての献血。献血ルームはJR和歌山駅前にあって、道路標識まであるのでわかりやすいんですが、問題はその駅。和歌山には和歌山市駅と和歌山駅があるんです。で、和歌山市駅で下車し、和歌山駅まで徒歩で移動したら結構疲れました。ちなみに私、就職試験で市駅と駅を間違えて試験に遅刻したことがあります。

 さて、今回の献血ルーム、ビルは古く見えましたが、中はとても綺麗。タッチパネル方式の事前チェックは受付カウンター上にあるので初めての人にはよさそうですね。ベッドは多くないものの、意外と待たずには入れました。あとはいつもどおりの献血でしたね。
 今回いただいたお土産は、洗剤(アタック)の小箱と食器洗剤(ジョイ)ともうひとつのうちから1つの選択。アタックいただいてまいりました。

 今回の献血ルームはとにかく主要駅からのアクセスがよいので、おすすめです。献血ついでに駅ナカで和歌山ラーメンも食べられます。
あぷりこっと * 献血ルーム探訪 * 20:30 * comments(0) * trackbacks(0)

ガイドしながらぐるんぐるん旅行

  たしか昨年末、日本に行くよー、というメールを、ペンパルさんからもらっていました。それがこの旅のきっかけ。以前、ペンパルさんの国を二度訪ねており、ご一家にはたいへんお世話になっていたことから、こちらとしては最高の旅行をプレゼントしようと思っていました。しかし、日程はゴールデンウィーク、しかもご家族4人での来日・・・さてどうしようかと思案すること2ヶ月。

 リクエストや自分の思いなどなどを取り入れたプランは以下のとおり。混雑の予想される京都と立山を平日で組むようにして・・・などと考えながら組んだところ、ばたばた。でも、各地域の一番おいしいところをチョイスしたつもりです。

1日:関西空港から広島へ移動。宮島と原爆ドームを見学
2日:松江へ移動。松江城・出雲大社・日御碕を訪ね、玉造温泉に宿泊
3日:足立美術館と水木しげるロードを楽しむ 午後から京都へ移動
4日:金閣寺・祇園・サントリー京都ビール工場を回る その後金沢へ移動
5日:黒部立山アルペンルートで黒部ダムへ
6日:金沢市内をぐるっとまわり、夜に大阪へ入る
7日:大阪市内でおみやげ購入 ついでに梅田スカイビルへ
8日:関西空港から離日
ご家族の何人かは関西に一度来られていることから、その分関西観光はあっさりにはなっているんですけどね。
いろいろと楽しんでいただけたとは思うのですが、その中でも反応のよかったのが
・宮島の焼きがき
・日御碕の絶壁と岩質
・玉造温泉の浴衣での夜の散策
・足立美術館の日本庭園
・境港の海産物
・水木しげるロードの目玉まんじゅう
・サントリー京都ビール工場の見学と試飲したプレミアムモルツの味
・立山の雪と寒さ
・金沢近江町市場の雰囲気と金沢での和菓子イベント
・なんば周辺のたこやきと船場周辺での買い物

こんなとこでしょうかね。ところで、これだけの場所を回れば交通費が大変だと思われるでしょうが、海外の方ならジャパンレールパスという、JR線が一部を除いて期間中乗り放題のチケットがあるんですよ。ゴールデンウィークは道路の混雑が心配で時間も読めないところで鉄道ならいけるだろうというたくらみもあって、とにかく詰め込んでみました。もちろん日本人である自分は自腹ですけどね。

とにかく、失敗もやり残しも多く、またあれこれと気を使っていただいたのには恐縮ですが、満足していただいていればいいなと思います。
あぷりこっと * 習い事(英会話) * 19:57 * comments(0) * trackbacks(0)

あれから一年ですか

 長かったような、短かったような・・・沿岸部ではまだ復興と呼ぶには程遠い状況ですが、着実に進んでいってくれればいいなと思います。
 難しいところもありますが、自分でもできることをやっていきたいと思います。東北にも行きたいなと。
あぷりこっと * つれづれなるまま * 20:39 * comments(0) * trackbacks(0)

今年のGWはフル稼働

 今年はゴールデンウィークをフルに活用することになりそうです。海外からペンパルさんの家族をお迎えするからですが、かなりあちこちをまわります。北陸から中国地方にかけて、できるかぎりゴールデンウィークの混雑を避けられるようにプランを練っています。計画上心配なのは京都、ですかね。京都のこの時期の混雑はウワサには聞いておりますが、それでも鹿苑寺、清水寺、平等院といった人気どころは押さえておきたいですしね。ともあれ、プランには演出を含めて自信を持っていますので、あとは喜んでいただければな、と思っています。文化の違いもあるので、露天風呂とかどうなんだろうねぇ・・・。
あぷりこっと * つれづれなるまま * 19:08 * comments(0) * trackbacks(0)

あけましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
昨年は日本にとっても世界にとっても災厄の年。災害で多くの人命や財産が失われました。復興への足音はまだまだ聞こえてきそうにありません。世界経済においてもいくつかの国が既に信用不安に陥っており、その連鎖が懸念されますが、年が変わってもその不安は拭えません。でも、前向きにいきたいものですね。

さて、今年の私の抱負ですが、
1)技術士、社会保険労務士のW合格(Wは難しいかなぁ?)
2)被災地ボランティア2回くらい行きたいですね
3)献血は4回程度
4)海外からのお客様を満足いくまでもてなす
5)なにか新しいことをやってみる

がんばります。
あぷりこっと * つれづれなるまま * 20:58 * comments(0) * trackbacks(0)

47都道府県献血の旅@福島・会津若松(19都県目)

 宮城でのボランティア活動の帰りに会津若松に寄って献血してきました。これで19都県目。来年には折り返しができそうですよ。
 さて、会津若松の血液センターは会津大学短期大学部の隣。市内の観光向け循環バスを最寄のバス停で降りて徒歩5分くらいの小さな献血ルームでした。バス停からは看板が見えたので、場所は比較的わかりやすいと思いますが、道から奥へ奥へと入っていくので、道が合っているかちょっと不安になるかも。
 当日の会津磐梯山はうっすら雪をかぶっているような状況でとても寒かったのですが、今回も元気に、血漿の成分献血をしてまいりました。その寒さもあって、今回も温かい水まくら(?)を腕の下に敷いての採血でしたが、それ自体はいつものとおりで、問題なく終了。後日郵送された血液検査結果はがきにも、極端にひどい数値はありませんでした。
 ところで、今回お邪魔した血液センターの看護師さんの言葉には独特の訛りがあって、温かみがあるんですよね。センター全体が和やかに感じました。方言の力は偉大です。ちなみに、今回のおみやげは選択制。アタックのミニギフトをいただきました。生活にかかわる品物はありがたいですね。自動販売機に私の好きなオニオンスープがなかったのが残念でしたが、いい献血できました。

 会津の血液センターは献血できる曜日が決まっているので、行かれる方はご注意を。できれば来年も東北で献血したいものですね。
あぷりこっと * 献血ルーム探訪 * 21:57 * comments(0) * trackbacks(0)

南三陸町にて

  先日、宮城県南三陸町でボランティア活動をしてきました。何十人、何百人というボランティアさんががんばっても、意外と作業は進まないもので、まだまだボランティアさんが必要だなと感じています。たぶん、何年にもわたって。

 作業の休憩中、付近を歩くと、海抜で6〜7m程度はあったでしょうか。海岸からすぐ、小高い丘のようになっていたのですが、そこに基礎だけが残された家の跡がありました。玄関であったであろう場所には何本も花が手向けられており、ここのご家庭になにがあったのかは推測できました。そしてその脇には、たぶんこのご家庭で使われていたであろう食器類がきれいに積んでありました。ご家族が帰ってこられたらすぐにでも使えるくらいに。ボランティアさんかほかの誰かが片付けていかれたのでしょう。ここに生活があって、そして災害ですべてが失われた。市街地などの低地では生活の痕跡も含め、何もかもが失われていて、なかなか現実として受け入れられないところもあったのですが、食器と花はそのことをはっきりと認識させました。そんな光景は集落のあちこちに見受けられました。
 私が今回のボランティア活動で見たそんな光景、脳裏に強く焼きついています。忘れられないでしょうね、きっと。
あぷりこっと * つれづれなるまま * 22:04 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ