<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

燻製、考えもつかなかった素材

  先日、東京に滞在しておりました。理由はWhiskeyLive!2011に参加するため。5回連続・・・だっけ?早いものですね、年月の経つのは。

 今回はお酒もさることながら、つまみが衝撃的でして。昨年も本当においしいスモークサーモンに感激しましたが、今年もまた燻製に感激しました。ただ、今年の燻製は私が、燻製として食べたことのないものでした。
 それは何かとたずねたら、なんと、あんきも。試食で食べたんですが、あまりのおいしさに即購入。直前にブリの燻製があることを知り、ブリ大好き人間の私は購入しようかしまいか悩んでいたのですが、やはりあんきも大好き人間の私にとってこれは衝撃であり、買わなければ後悔すると思い、即決しました。まだ試作品ということなんですが、いずれ売り切れるのは確実な味だったんですよ。いずれ商品として出るといいな、と思っています。

 さて、改めて家で食べたのですが、たまらない!とまらない!明日また食べようと、自分に言い聞かせて食べきるのをかろうじて踏みとどまったくらい。あんきも好きにはぜひお勧めしたい逸品です。

 余談ですが、たらこの燻製がまた絶品。「横浜燻製工房」というお店ですので、興味があればぜひ!・・・WhiskeyLive!で試食した人が買い捲っているのか、売り切れ続出みたいですけどね。
あぷりこっと * お酒 * 19:04 * comments(0) * trackbacks(0)

WHisky magazine live2010!

F1010060.jpg

 お酒なう。というわけで、先週末のWhisky Magazine Live!のご報告など。
 このためだけに東京に行ってきたといっても過言ではなかったのですが、最近自分に勢いがつくイベントってこれくらいしかないものでして。
 さて、そのライヴですが、ここんところの不景気もあってか、昨年以上にブースが縮小しておりました。しかし、共同でブースを展開するなどして、出展者数自体はさほど減ってないような気がします。しかも、ブースのスペースが減っても、その分来場者で埋め尽くされてましたから、イベントとしてはむしろ好都合だったかもしれません。
 イベントについて簡単にお話しますと、早い話がスコッチウィスキーを中心とするウィスキーの試飲会。また、各蒸留所(あるいはメーカーやテーマ)ごとにマスタークラスと呼ばれる試飲つきセミナーも開かれます。私は今回もハッセガウアー氏とともにアラン蒸留所のマスタークラスをはじめ、あれこれと飲みまくってきたのでありました。
 アラン蒸留所のマスタークラスでは、アラン10年、アラン12年のほか、いくつかのシングルカスクを試飲してきまして、カスクフィニッシュものについては改めて楽しいお酒だなぁ・・・という感想を持ちました。あ、そうそう、アランの新シリーズ、アイコンズ・オブ・アランもおいしかったですよ。ただ、今回のマスタークラス、試飲は本当に短時間。15分でティスティンググラス6杯飲むことになり、危険を感じて、さすがに多少残しました。実際、出てから酔いが回ること回ること。これはやばい状態でした。
 その後、チケットについてくる1000円分の食事券を手に、指定のレストランへ。昼前ということで列を成していましたが、おそらくこの列の人々は全員ライヴ参加者。つまり、酔っ払い。中もみんな酔っ払い。うーん、ヘンな感じ。
 ともあれ、5時間にわたってひたすら飲んでいた私達。水もしっかり取っていたため、途中からは酔いも落ち着き、純粋にお酒の味を楽しむことが出来ました。参加者の中には酔いつぶれる人も見受けられましたが、楽しく飲めたことに感謝であります。

 ところで今回のイベント、おすすめは?と聞かれたら間違いなく、「サーモン」と答えるでしょう。スモークサーモンの試食があったのですが、これがたまらなくうまい!最高!スモーキーさは控えめだけれど、ぷりっとした食感で、ひとくちでサーモンのうまみがぶわっと口で広がる逸品。ここだけの話、悪いと思いつつも4回試食しました。で、今日通販で注文出しちゃいました。届く予定の来週末が楽しみ!
あぷりこっと * お酒 * 20:29 * comments(0) * trackbacks(0)

ウィスキーでも飲みますか

  村上春樹の本を読みました・・・「1Q84」ではなく、「もし僕らのことばがウィスキーであったなら」。旅行の予習に、と思い読み始めた・・・のですが、写真が多く、本は薄く、電車に乗っている時間でさらっと読めてしまいました。
 ウィスキーがことばであるなら、話下手の私がネタで苦労することもなく、片言の英語しか話せない自分が現地の人とぺらぺら話せるのでしょうが、このことば、どれほど通用するのでしょうね。現地でほどほどに試してみようと思っています。

 ところで、シングルモルトをストレートで飲む私が共感したのは、中の一文。根がケチなのか、うまいものを水なんかで割るのがもったいない・・・というくだり。私がストレートで飲む理由はたぶんこれなんだろうな、と。

<今日の自分>
 これからの1ヶ月で朝4時起きの日が3日。たいへんだぁ・・・

<今日のニュース/<イケア・ジャパン>1450品目を値下げ 流通拠点完成で
 イケアはないのでニトリで楽しみます。
あぷりこっと * お酒 * 22:29 * comments(0) * trackbacks(0)

梅酒の季節2009

  さて、今年も梅酒の季節がやってまいりました。昨年の梅酒を別の瓶へ漉して移し、その瓶で新しい梅酒を漬け込むという計画。
 今年のベースをなににするか悩んでいたのですが、結果、ブランデーに決定しました。ラムや日本酒も候補に入れていたのですけどね。さっそく南高梅1kgをニッカブランデー・ドンピエールVSOで漬け込み。無色ではないので、漬け込む過程の色の変化を楽しめないのは少し残念ですが、しばらく先にはおいしいお酒が飲めるでしょう。

 余ったブランデーはいちご酒にでもしようかなぁ・・・

<今日の自分>
 イギリス旅行についてあれこれ研究中。6月中旬までには申し込みすることになりそうです。

<今日のニュース/三重・名張の廃校、丸ごとコールセンターに ヤマト運輸
 いろいろ考えるものですねぇ・・・
あぷりこっと * お酒 * 18:29 * comments(0) * trackbacks(0)

ウイスキーマガジンライヴ!

F1000195.jpg
 毎年恒例ウイスキーマガジンライブに行ってきました…広島から。これだけのために出かけたようなものですが、消費に貢献したということで。
その景気悪化とポンド安の影響か、昨年よりブースが減っていて、全体として明らかに地味になっていました。
 それでも、午後には入場者で会場は埋め尽くされ、盛況ぶりは相変わらずでした。今年はとにかく水を飲みまくり、体調を悪化させることなく終了。よかったよかった。
 アラン蒸留所のウイスキーうまー。
あぷりこっと * お酒 * 22:37 * comments(2) * trackbacks(0)

家は家、バーはバー

 ふと、家でもバーっぽくしてウイスキーを飲んだら雰囲気でていいのではないだろうかと思い立ったのでした。
 バーといえばジャズと薄暗い照明。ジャズに疎い私ですが、バーですからあの曲しかないでしょう。「Ryu's Bar」のテーマ曲ですよ。バド・パウエルという方の「Cleopatra's Dream」という曲だそうです。このCDを買ってきて、家の照明を薄暗くすればそれっぽくなるんじゃないか?なんて思い立ち、買ってきたんです。CDデッキはないのでPCで聴くことにして、グラスにジョニーウォーカー黒ラベルを注いで準備完了。じゃあ薄暗くしてみっか・・・と常夜灯にしてみると・・・。興味のある方は一度お試しください。私はなんだか寂しくなりました。

 ところでオレンジっぽい薄暗い明かりの常夜灯、みなさんはどんな言い方されますか?うちは実家含めて「まめ」といいます。常夜灯にすることを「まめにする」と言ってました。「ま」にアクセントがあります。

<今日の自分>
 ジャズも聴いてみるといいものですねぇ。

<今日のニュース/聖職者が「慈悲」の説教中、カバン盗まれカード使われる
 ほんと、神も仏もないものかと。
あぷりこっと * お酒 * 04:41 * comments(2) * trackbacks(0)

クラマトうんまい!

 先日北海道に行った際にいつものバーにお邪魔したのですが、その際にブラッディメアリー頼んだんですね。これは私のちょっとした気まぐれだったのです。というのも、ブラッディメアリーってお店でオーダーしたらもったいない気がしてたからです。だってウォッカにトマトジュースじゃん、家で作れちゃうよね、という素人考えでありました。アレンジしやすいことからバーテンダーごとに自分流のアレンジを加えることも多いと聞きますけどね。
 ところがその気まぐれ、一口飲んですこーんと消えてしまいました。衝撃的なうまさ!作る過程を見ていると、レシピはタバスコにウスターソース、こしょう、それからトマトジュース・・・だったと思うのですが、このトマトジュースがひとつのポイントでした。クラマトだったのですよ。名前はなんとなく知っていましたが、こんな味だとは!という衝撃。トマトジュース好きの私がこの味を知らなかったというのは少々人生を損してたのかなとさえ思えるくらい。そして味を強調するレシピがまたよかったのでしょうね。翌日また注文してしまいました。
 クラマトを使うと厳密にはブラッディメアリーではなくブラッディシーザーという名前になるそうなのですが、いずれにせよ、おいしいカクテルを提供してくださったマスターに今回も深く感謝。

<今日の自分>
 家に篭ってます。

<今日のニュース/<三菱UFJ>米モルガンに出資、筆頭株主も
 世界的な金融再編とか言われますが、どうなっていくんでしょ。なんだかとても不安になってきたんですが。
あぷりこっと * お酒 * 10:25 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ