<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 南三陸町にて | main | あけましておめでとうございます >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

47都道府県献血の旅@福島・会津若松(19都県目)

 宮城でのボランティア活動の帰りに会津若松に寄って献血してきました。これで19都県目。来年には折り返しができそうですよ。
 さて、会津若松の血液センターは会津大学短期大学部の隣。市内の観光向け循環バスを最寄のバス停で降りて徒歩5分くらいの小さな献血ルームでした。バス停からは看板が見えたので、場所は比較的わかりやすいと思いますが、道から奥へ奥へと入っていくので、道が合っているかちょっと不安になるかも。
 当日の会津磐梯山はうっすら雪をかぶっているような状況でとても寒かったのですが、今回も元気に、血漿の成分献血をしてまいりました。その寒さもあって、今回も温かい水まくら(?)を腕の下に敷いての採血でしたが、それ自体はいつものとおりで、問題なく終了。後日郵送された血液検査結果はがきにも、極端にひどい数値はありませんでした。
 ところで、今回お邪魔した血液センターの看護師さんの言葉には独特の訛りがあって、温かみがあるんですよね。センター全体が和やかに感じました。方言の力は偉大です。ちなみに、今回のおみやげは選択制。アタックのミニギフトをいただきました。生活にかかわる品物はありがたいですね。自動販売機に私の好きなオニオンスープがなかったのが残念でしたが、いい献血できました。

 会津の血液センターは献血できる曜日が決まっているので、行かれる方はご注意を。できれば来年も東北で献血したいものですね。
あぷりこっと * 献血ルーム探訪 * 21:57 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 21:57 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ